カテゴリー
学校イベント・活動

3日目:夏期特別講座2016.9.1

☆2016年9月1日(木)の特別講座
・映像デザイン
・地方でイラストを描くことの現状と実践
・コロンコーポの見学
・ヌードデッサン(木炭)
————————–

「映像デザイン」
講師:加藤 到先生

東北芸術工科大学 映像学科教授・ドキュメンタリー映画監督)

講師:加藤到先生
回転させると映像に見えます
両面に絵を描き回転させると
1枚の絵に見えます
きつねがドロン!
髪の毛が飛ぶ男性の絵

映像の成り立ち、仕組みなどの紹介の後、フェナキストスコープの体験、ソーマトロープを作り、絵が動く面白さを体験しました。何作かの映像作品も鑑賞し、それぞれの世界に引き込まれました。いつもの教室が夢の世界に変わった、映像に魅了された講座でした。

コロンコーポの見学」
講師:萩原 尚季先生
株式会社コロン代表)

講師:萩原尚季先生
2016-09-01_13-18-50
北欧を思わせるモダンなライト。些細なところにも、キラリと光るそのセンスに脱帽です。
2016-09-01_13-21-16
選りすぐりの食器が並ぶキッチン。自家製のレモングラスのお茶は、その場で奥様が用意してくださり、心温まる時間を過ごせました。
2016-09-01_13-21-13
気になる物がたくさん。これは何?これは?と興味津々。どんな音楽を聞いているのか拝見していると、ジャジーなサウンドを流してくださいました。
2016-09-01_13-25-26
60年前とは思えない、現代にもぴったりなカタチの椅子。古い家具たちもリペアされ大切に扱われていました。
2016-09-01_13-15-26
萩原さんの計らいでラウンジチェア初体験。体が椅子に吸い込まれるような感覚でした。

山形エクセレントデザインで大賞を受賞した「コロンコーポ」を見学しました。コロンコーポは、パッシブデザイン(エアコンなどの機械を使わず、太陽の光、熱、風などの自然エネルギーを利用し、快適な住まいづくりをしようとする設計思想・設計手法)を取り入れた高気密・高断熱の次世代型集合住宅です。仕事場やゲストルーム、ギャラリースペースを設け、人と人を緩やかに繋げ、東北地方で快適に暮らすことをデザインしています。お洒落な内装、快適な空間、こだわりの家具と器……最高の居心地ですっかり夢心地になってしまいました。家の住みやすさが土地の魅力も引き出す可能性があることを、身を以て知った講座でした。

「地方でイラストを描くことの現状と実践」
講師:菊地 純先生
(イラストレーター)

講師:菊地純先生
優しいタッチの先生の作品集
4人が順番に描いていきます
いい感じに仕上がってきました
プロの公開制作に興味津々
ウォッシュで着色

山形でイラストレーターとしてご活躍の先生から、地方で仕事を続けるために「展示会を定期的に行い少しずつファンを増やす」「他の作家と一緒に展示会を開き集客力を高める」「自分の絵を売りたいと思ったらまずは他の作家の絵を買い、そこから気づきを得る」など、さまざまな工夫と努力をお話いただきました。
次に4人1組になって、パステルで10cm四方の枠内に自由に円を描くワークショップに挑戦しました。自分以外の発想を取り入れることにより、想像以上の結果が得られました協力がキーとなる地方での生き方に通じるものがあります
最後は先生のライブペイントを鑑賞。あっという間に濃淡がついていく様子を興味深く見つめました。地方での仕事の仕方を学べた講座でした。

「ヌードデッサン(木炭)」
講師:遠藤 賢太郎先生(山形大学名誉教授、洋画家)
講師:中山 光広先生(画家)

講師:遠藤賢太郎先生
講師:中山光広先生
木炭を楽しむ
最後に鑑賞会
完成作品
力強い濃淡

2回目のヌードデッサンは、2時間で木炭と木炭紙を使って1枚のデッサンを描きました。
遠藤先生の講義、両先生による実技指導、参考資料などを紹介いただきながら、木炭で濃淡をつけること、人体の魅力を紙に表すことに夢中で取り組みました