カテゴリー
先生方のデザイン・活躍

文翔館で中山先生の人物画が展示されました

中山光広先生(当校講師、デッサンなど担当)も出品している、NHK文化センター山形教室の受講生作品展「人物を描く」が文翔館3Fギャラリーで開催されました。

会期:2014年11月21日(金)から11月27日(木)
時間:9:00〜17:00
 ※最終日のみ15:00

柔らかな光が差し込む、明るい空間
色鮮やかな人物画が並ぶ
作品名「白いブラウス」
「モリノヒト」
「奏でる」
「まなざし」

中山先生はNHK文化センターで「人物を描く(6か月コース)」講座の講師としてもご活躍で、この作品展では先生も人物画を4点展示しています。

カラフルな色使いとシャープなラインで描かれた女性たち。一目で、そのまなざしや世界観に強く引き込まれます。

カテゴリー
先生方のデザイン・活躍

サイト先生の絵画が展示! 山形美術館開館50周年記念「山形の美術-山形美術館の歩みとともに」

開館50周年を迎えた山形美術館の記念企画展山形の美術-山形美術館の歩みとともに」にサイトユフジ先生(イラストレーション担当)の作品「飼育 Rabbit Cage」が展示されました。

この展示会は、2014年10月17日から11月16日まで、山形美術館の収蔵品から優品を厳選し、みちのく「山形」の自然や風土を反映させた絵画、彫刻、工芸など、山形にゆかりのある作家による個性溢れる多彩な表現が紹介されたものです。

重々しい黒から青で塗りつぶされた高さ2メートルを超える大きな板に、ケージに入ったウサギが描かれたアクリル絵画です。

カテゴリー
先生方のデザイン・活躍

ブルーインパルス写真展 創-sou-

ブルーインパルス写真展 創-sou-
クリックで拡大します

粒木友香里先生が「ブルーインパルス写真展 創-sou-」を開催します。

なんと、開催期間が東北六魂祭に重なる好機での展覧会です。なぜ好機かと言うと、実は六魂祭では、5月24日にブルーインパルス展示飛行が行われるんです。

展覧会を見て、実際にアクロバット飛行も見れちゃうかも!? そんな二重の楽しみが味わえるかもしれない展覧会です。
入場無料、ぜひご来場ください!

[期 間]5月20日(火)〜5月25日(日)
[場 所]山形まなび館 地下ギャラリー
[時 間]9:00〜21:30
[駐車場]専用の駐車場はございますが、24、25日は東北六魂祭があるため会場周辺は車両規制がかかります。ご注意ください。

[展示コンセプト]
この度の「東北六魂祭2014山形」にて、T-4ブルーインパルスの初の山形展示飛行が実現します。それに合わせてブルーインパルスの写真展を開催することになりました。
ブルーインパルスのホームベースである松島基地に撮影に行くようになり約半年。私のブルーに対する情熱を表現した “創造への挑戦” である今回の展示を通して、ブルーインパルスの演技の美しさと、それを操縦するパイロットや支える人々の魅力を感じていただけたら幸いです。

カテゴリー
先生方のデザイン・活躍

やまがた技能五輪アビリンピック2016 シンボルマークデザイン最優秀賞

輝き・人・技を表したシンボルマーク

■最優秀賞:後平優子先生

技能五輪全国大会および全国障がい者技能競技大会(アビリンピック)が2016年に山形県で開催されるにあたり、そのシンボルマークが公募され、後平先生のデザインが最優秀賞に選ばれました。
2016年1月11日に両大会PRイベントが行われ、そのイベント内で吉村美栄子県知事より表彰されました。

シンボルマークは紅花をモチーフに、三角形の山形で構成。5枚の花びらで五輪を象徴し、多彩な色合いで「輝き」「人」「技」を表しています。
このマークは2014年1月14日の山形新聞でも紹介されました。

カテゴリー
先生方のデザイン・活躍

ゆるキャラがやまがた樹氷国体を応援

後平先生がデザインしたキャラクター「減量すすむくん・かなえちゃん(ごみ減量・もったいないねット山形)」が、やまがた樹氷国体のゆるキャラ応援団メンバーとなり、国体の開催を応援しています。

他にも山形に縁のあるゆるキャラたちが応援メッセージを寄せています。見ているだけでほっこりするキャラクターたちのメッセージをご覧ください。

☆やまがた樹氷国体 ゆるキャラ応援団メッセージ(公式HP)

カテゴリー
先生方のデザイン・活躍

「中山光広 人物素描展」が開催されました

■と き:2013年4月12日(金)から5月21日(火)
■ところ:真下慶治記念美術館

展示作品(コラージュ)

中山光広先生(デッサン/デザイン基礎/美術・デザイン史担当)が展覧会を開催しました。
展示された作品は、デッサン、人物画、コラージュです。

最上川と新緑を見渡せる最高のロケーションでの、素敵な展覧会となりました。

カテゴリー
先生方のデザイン・活躍

田桐先生が写真展に出品されました

●出品:田桐邦生先生
(Webデザイン・デザイン構築・コンピュータ基礎担当)

田桐先生の作品
写真愛好家でつくるKSフォトクラブ写真展「こころ・いやす・ところ」が、9月16日から23日まで、山形市の文翔館で開催されました。

24人が計約100点を出展し、その中には田桐先生の作品(5作品)も含まれています。展示作品はいずれも題名がなく、見る人の想像力をかき立てるものになっています。

文翔館の雰囲気と、写真が放つ色彩が合わさり、いやしを感じる展示会でした。〈9月19日の山形新聞地域欄でも取り上げられました〉

カテゴリー
先生方のデザイン・活躍

菅井先生が県総合美術展(県美展)に出品

彫刻「訪問者」

●出品:菅井正明先生(基礎造形担当)

50年を超える歴史と伝統を誇る山形県内最大の公募展“第67回 県総合美術展(県美展)が9月1日から17日まで、山形美術館で開催されました。

日本画、洋画、彫刻、工芸の4部門があり、菅井先生は「彫刻」部門で出品されました。
作品名は「訪問者」。白さが印象的な、夏を感じさせる作品です。

カテゴリー
先生方のデザイン・活躍

紅花わさび漬ラベル等をデザイン

●デザイン:髙橋宏斗先生(3DCGなど担当)

古澤酒造(寒河江市)様より、山形県産の高級わさび「真妻(まづま)」と紅花をふんだんに使用した、食べる酒粕「紅花わさび漬」のラベルデザインの依頼があり、髙橋先生がデザインしました。
山形の味をたくさんの方へ届けたいという思いを、絵手紙をイメージしたデザインに込めました。

紅花わさび漬けをトータルにデザイン
カテゴリー
先生方のデザイン・活躍

共に生きる。TOMOIKIパンフレットを制作

デザイン:武田文吾先生
(グラフィックデザイン基礎、タイポグラフィーなど担当)

パンフレット
パンフレット

山形市の緑町にある企業組合TOMOIKI夢プラン様からのご依頼でパンフレットを制作しました。

障がいをもつ人たちの社会参加を目指し、「小さく、ゆっくり、確実に そして何よりも楽しく」をモットーに様々な活動をしています。

小さな芽がゆっくり、確実に、育っていくことを大きな木を描くことで表現しています。