お盆明けの感染と熱中症に注意

学生の皆さんへ

お盆休み期間中、山形県内と県外をまたぐ人の移動が、例年の41%程度であったことが報道されています。

お盆 “都道府県またいだ移動” 去年の6割に ビッグデータ分析 |NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200817/k10012570931000.html

例年の半数以下の移動量ですが、これにより、現在、県内でも新型コロナウイルス感染症に感染する危険性が、お盆前よりも高まっていると推測されます。さらに、最近は暑いことから熱中症の危険も高まります。

その為、皆さんは次のことを守ってください。

  1. 校舎の玄関で、手指をしっかりアルコール消毒
  2. トイレの後と飲食前は、ハンドソープでしっかり手洗い
  3. 飲食時以外は、常にマスク着用
  4. 息苦しいときは、人から十分離れてマスクを外して休憩
  5. マスクを外したら、絶対喋らない
  6. 暑い日は、屋外で周りに人がいなければマスクを外してクールダウン
  7. こまめに水分摂りましょう。

皆さんの協力があってこそ、学校が通学できる状態に保てています。協力をお願いします。

最近は無症状感染者によって気づかずに感染が広がるケースが増えていると報告されています。油断しないようにしましょう。

感染者を差別することはしないこと。自分も無症状の感染者であるかもしれないことを忘れないこと。

山形県にいるとあまり実感がわきませんが、コロナはまだ終わっていません。
しつこいようですが、しっかりと対策をすることをお願いします。