学科紹介

このページは現在、更新作業中です。
内容が随時更新されることにご注意ください。

ビジュアルデザイン科

幅広く専門的にデザインを学び、即戦力となる新人デザイナーを目指す

紹介されているのは1年次と2年次前期の授業風景です。時代のニーズを考慮して年度毎にカリキュラムの見直しと改善を行なっているため、次年度も同じ授業が行われるとは限りません。授業の雰囲気を知る参考にご覧ください。

 頭に思い描いたイメージを魅力的に表現する力を高めつつ、デザイン(広告)の考え方、知識、スキルの修得を目指す学科です。主軸はグラフィックデザイン、Webデザインですが、写真、3DCG、イラストレーションなど多分野のデザインをバランスよく学んでいきます。

 まず、1年次前期に基礎造形トレーニングと平行し、広告、パッケージ、Webなどデザインの現場で使用されるソフトや機材の基本操作と印刷に関する基礎知識などを学びます。

 1年次後期から徐々にデザイン演習が増え、2年次は実践的な課題が中心になります。中でも産学連携による実際の仕事体験は世に必要とされるデザインを熟思する好機となり、実力の向上が期待できます。

 また、本校では2年間継続しデッサンを行ないます。2年間という短期間で確かな力を身につけるには、観察力を高め、考える力を養い、表現力を磨くことが鍵になると考えているからです。

 実務と時代を見据えた無駄のない充実のカリキュラムで即戦力となれる新人デザイナーの養成を目指します。

主なデザイン領域

  • グラフィックデザイン(広告)
  • パッケージデザイン
  • VIデザイン
  • Webデザイン
  • イラストレーション
  • 写真
  • CG(3D)デザイン など

主な就職先(就職実績ページ)

  • 広告代理店
  • 出版社
  • デザインプロダクション
  • 印刷会社デザイン室
  • 企業の企画・宣伝・広報課
  • フォトスタジオ
  • Web制作会社
  • イベント企画制作会社 など

環境(建築)デザイン科

幅広く専門的に建築デザインを学び、即戦力となる新人デザイナーを目指す

紹介されているのは1年次と2年次前期の授業風景です。時代のニーズを考慮して年度毎にカリキュラムの見直しと改善を行なっているため、次年度も同じ授業が行われるとは限りません。授業の雰囲気を知る参考にご覧ください。

 あらゆる空間デザインに関わる知識、技術、考え方を学びます。

 本学科の主軸となる教育分野は建築デザインとインテリアデザインです。住宅・施設・店舗などの設計演習と並行して次を学んでいきます。

  • 建築士取得を視野に入れた建築知識
  • 作図技術(CAD・手書き)
  • 建築模型とパースペクティブ(手描き、3D)製作技術
  • グラフィックデザイン

 本校ではグラフィックデザインに関わる授業をビジュアルデザイン科と合同受講します。設計プランのプレゼンテーションをはじめ、商業施設の看板やメニューの制作、宣伝、各種コーディネート業務にこの力が生きると考えているためです。それに加えて2年間継続してデッサンを行い、モノ・コトを様々な視点で観て、捉え、理解する力を養います。

 建築設計力だけに偏らず、ビジュアル表現に長けた新人デザイナーの養成を目指し、クライアントと円滑にコミュニケーションがとれる実務力の高い人材養成を目指します。

建築士試験をいち早く受験できます

卒業後すぐに二級または一級建築士試験を受験できます※1(通常は実務経験が必要※2)。

2級建築施工管理技術検定を受験可能

在学中に2級建築施工管理技術検定の資格試験を受験できます※3

主なデザイン領域

  • 建築設計
  • インテリアデザイン
  • 店舗デザイン
  • 建築CAD
  • パースペクティブ製作(3D、手書き)
  • モデリング製作
  • グラフィックデザイン など

主な就職先(就職実績ページ)

  • 設計事務所
  • 店舗デザイン会社
  • ハウスメーカー
  • 建設会社
  • インテリア関連会社
  • 舞台美術制作会社
  • デザインスタジオ など

「なぜ学科が二つしかないの?」

それは「幅広い専門」や「地方のデザイン業界を考慮したカリキュラム」という考え方にあります。 詳しくは「本校の特長」ページをご覧ください。

1 指定科目の単位を取得する事による  ※2 建築に関する学歴がない場合  ※3 学科試験のみ。2級建築施工管理技士の試験取得には実地試験を受験する必要があります(財団法人建設業振興基金 ウェブサイト)。