第96回 光風会展

2010年 4月 26日

●中山 光広先生(デッサン/美術・デザイン史/デザイン基礎担当)

とぎれた時間

 4月14日〜26日に国立新美術館(東京都)にて第96回光風会展があり、中山先生の作品が入選されました。
 部屋に差込む太陽の光は、時間が経つにつれ太陽が動き、光の形や向きが変わります。その光の変化を、同じく時間とともに変わる人の気持ちに見立てて表現しています。