神保智美さんが、第96回二科展デザイン部に初入選

2011年 9月 6日
神保智美さんの作品

神保智美さんの作品

卒業生の神保智美さんが、第96回二科展デザイン部に初入選し、授賞式に参加しました。

入選した作品は「C部門(特別テーマ・ポスター)」に出品した「2011・ 国際森林年」をテーマにしたポスター。国連が2011年を「国際森林年」と決定した事を受けて日本が「森を歩く」をテーマに取り組んでいることに着想を得て、「森へ行く一歩が森林につながっていく」ことを表現しました。

神保さんは9年前から二科展へ出品してきました。今までにも4作品が準入選していましたが、入選まであと一歩の厳しさに「もう入選は無理なのかなぁ」と思うこともあったとか。それでも「デザインが好き」という気持ちから作品を作り続け、見事入選を果たしました。

入選について「震災のあった東北の人間として、入選できたことも嬉しく思う」と喜びを語るだけではなく、「いい意味で力不足を感じました。国立新美術館で実際に展示された自分の作品を見たとき、パッと見たときに目に留まらず、他の強い作品に目がいってしまう。でも、まだまだ自分に『ノビシロ』があるのだと思いました。ちょっとワクワクしています」と、これからの作品作りに意欲を見せました。

これからの作品も楽しみな神保さん。入選、おめでとうございます!