夏期特別講座が行われました

2012年 9月 10日

「ヌードデッサン」遠藤賢太郎先生(山形大学名誉教授)

国宝 山形県西ノ前遺跡出土土偶などの見物(山形県立博物館)

「造形デザイン」木原正徳先生(東北芸術工科大学 洋画コース教授)

「映像デザイン」加藤到先生(東北芸術工科大学 映像コース教授)

「ユニヴァーサルデザイン」結城礼子先生(山形ユニヴァーサル・デザイン研究会 代表)

「今の時代を生きる」和田英光先生(おやじ日本 山形 代表)

 当校では、毎年夏休み明けの一週間は「夏期特別講座」を実施しています。通常授業とはひと味違うカリキュラムが組まれていて、多方面でご活躍される方々を講師にお招きしています。

 本年度は9月3日〜7日までの開講となり、心づかいの話、想像力の話、透視図法、人体解剖学、経済の基本、メディアとのつきあい方、印刷会社の見学、消費者問題の話などをしていただきました。

 デザインの話、そして豊かな人間性を身につけるために、社会や人生をどう生きるかということも学べた、意義深い講座となりました。講義くださった先生方、誠にありがとうございました。