あけましておめでとうございます

2019年 1月 1日

デザイン:齊藤みき(ビジュアルデザイン科2年)

旧年中は大変お世話になりました。
本年も どうぞよろしくお願い致します。

学校長 加藤静子
教職員一同

SAY「PRIMEニュース」で放映されました

2018年 12月 5日

取材を受けたのはビジュアルデザイン科2年生の4名。デザインに込めた思いと制作方法などを紹介しました。

「イラストを使った年賀状が多い中で個性とインパクトを出そうと、いのししを粘土で作り撮影しました。」

好評公開中の「自由に使える年賀状」が、SAY「PRIMEニュース」で紹介されました。放映された日時は2018年12月4日の18:20頃、約2分間です。

企画の趣旨、年賀状に込めた作者の思いなどを丁寧に取材の上、わかりやすくまとめていただきました。早速反響があり、激励のコメントが何件か届いています。どれも嬉しく拝読しております。ありがとうございます!

「自由に使える年賀状」は年明け1月10日までの公開予定です。よろしければ一度サイトをご覧ください。
皆様のお越しとご利用をお待ちしています!

劇団四季 オペラ座の怪人を観劇

2018年 11月 30日

2018年11月28日。この日、みんなはバスに乗り、仙台へ向かいました。劇団四季ミュージカル「オペラ座の怪人」を観劇するためです。

「劇団四季のオペラ座の怪人は凄いらしい。」

その言葉通り、終始エネルギーに圧倒されました。演者も、舞台美術も、衣装も、すべてに熱さがありました。テーマ曲の「The Phantom of the Opera」がしばらく頭を離れそうもありません。

「チャリティー年賀状」入選、販売中!

2018年 11月 22日

■入選:舩越今日花(ビジュアルデザイン科1年)

「チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト2019」に応募した舩越今日花の年賀状デザインが入選し、販売サイトにて実際に販売されています。

販売サイトWebページ

舩越今日花のデザイン

—–
※チャリティー年賀状とは
災害や社会問題によって生じる教育環境悪化改善のため、1枚ご利用いただくごとに、一般社団法人ウェブベルマーク協会へ10円が寄附され、全国の学校の支援金に充てられるものです。
—–

新年の挨拶状が教育支援にもつながる、意義深いチャリティー年賀状。販売サイトでは、あたたかい気持ちのこもった年賀状が約100作品販売されています。ぜひサイトをご覧ください!

公開スタート!「自由に使える年賀状2019」

2018年 11月 21日

毎年好評の「自由に使える年賀状」を公開しました。
本校ビジュアルデザイン科1、2年生が考えた縁起の良い年賀状デザインを、どなたでも自由にダウンロードしご利用いただけます。

【公開予定期間】2019年1月10日まで
【ご利用方法】お好きな絵柄を選んでダウンロードし、お持ちのプリンターで年賀状に印刷してください

メッセージが書き込めるデザイン、華やかな気持ちで元旦を迎えられるデザインなど、それぞれが考える2019年の挨拶状が28種類揃っています。まずはWebページをご覧ください!

秋のごちそう よりどりみどり「農畜産物フェスティバル」開催

2018年 10月 22日

2018年10月20日、県民ふれあい広場にて「第18回 山形市農畜産物フェスティバル」が開催され、その開会式でイベントポスターをデザインした金子千夏に感謝状が授与されました。

会場ではたくさんの来場者が開会を待ちわびていました。知名度が高く、山形市民に愛されているイベントのようです。

本部テントには金子がデザインしたポスターが掲示されていました。「可愛らしいイラストが印象に残った」との声をいただきました。

山形市長より感謝状が贈られました

お役に立てて嬉しいです

お米、花、野菜、果物、海産物などたくさんのごちそうが並び、会場は終始賑わっていました。

錦鯉品評会会場。緋や墨の斑が入った大きな錦鯉が悠々と泳いでいました。眺めるだけで楽しかったです。

大人気「そばまつり」。わさびとネギが素朴な味わいを引き立たせます。

「山形牛焼肉試食」。あっという間に長蛇の列ができていました。

新鮮な農畜産物の試食・即売、関連イベントなど、山形市の「収穫の秋」を存分に楽しめるイベントでした。
お招きありがとうございました!

粒木友香里先生の写真が切手になりました!

2018年 10月 15日

松島基地を本拠地とする飛行隊「ブルーインパルス」の写真及び東松島市の風景を題材としたオリジナルフレーム切手セット「松島基地 航空祭2018」。この切手シートに、粒木先生が撮影した写真が6枚使用されています。

左:フレーム切手(82円切手×10枚)/右:下敷き(B5サイズ) ブルーインパルスを撮影し続けて5年が経った、粒木先生の情熱が込められています。

小さな枠の中で生き生きと飛行するブルーインパルス(切手)を封筒に貼り、手紙を出してみませんか。詳細はリンク先をご覧ください。

→日本郵便株式会社東北支社:オリジナル フレーム切手セット 「松島基地 航空祭2018」の販売開始と贈呈式の開催

「第11回 山形市民スポーツフェスタ」開催

2018年 10月 15日

2018年10月14日、山形市総合スポーツセンターにて「山形市民スポーツフェスタ」が行われ、そのステージイベントでポスターをデザインした小関優季乃に感謝状が授与されました。

会場入口の看板。赤く色づき始めた木々と、デザインの赤が秋らしい。

人で賑わう会場。ステージ看板にも小関のデザインが使われています。

ポスターをデザインした小関優季乃に感謝状が授与されました。

本校がポスターデザインに携わって早10年。これまでの協力に対し、学校にも感謝状が授与されました。

大人気プログラム「乗馬体験会」には長蛇の列ができていました。それにしてもサラブレットは大きい!

スタンプラリー台紙。「がんばったね」と書かれたスタンプを押してもらうたびに嬉しくなります。

会場を回って気づいたのは、イベントの雰囲気とポスターの雰囲気が似ていたことです。小関のデザインは、主催者の思いと、参加者の期待を違和感なく結んでいたのだと思います。

実行委員会の皆様、素晴らしい機会を与えていただきありがとうございました。

「農畜産物フェスティバル」ポスターをデザイン

2018年 8月 2日

■相談者 :山形市農畜産物フェスティバル実行委員会
■デザイン:金子千夏(ビジュアルデザイン科2年)

「第18回 山形市農畜産物フェスティバル」ポスターデザインの相談を受け、ビジュアルデザイン科2年生が提案しました。

このイベントでは、山形市で生産された農畜産物の紹介を目的に、山形牛の試食、郷土料理の振る舞い、そばの提供、餅つきなど、食欲を刺激する内容が企画されています。

学内でポスターデザインの説明会を開催。主催者とコミュニケーションをとった後、デザイン考案に移りました。

実行委員の審査による一次選考会の様子です。ポスターの制作意図や思いを、一人3分以内で発表しました。

山形市役所にて最終審査会が行われました。一次選考を通過した3名が、作品の採用メリットを力強く訴えました。

プレゼンテーション後、審査員19名による投票が行われました。選ばれたのは…

多票を獲得した金子千夏のポスターに採用が決まりました

採用されたポスターは、主催者の希望である“若い世代が興味を持ってくれそうなポスター”に仕上がっています。新鮮な農畜産物の美しい色彩を鮮やかに表現しつつ、ベージュ系のシックな色合いでおしゃれにまとめたポスターです。

☆第18回 山形市農畜産物フェスティバル
開催日:10月20日(土)
会 場:県民ふれあい広場

山形牛・県産豚の焼肉、芋煮、しゃぶしゃぶ、新鮮な野菜・果物など、秋のごちそうがあなたの目と舌を楽しませてくれます。会場で山形の旬をお楽しみください!

「山形市民スポーツフェスタ」ポスター採用

2018年 8月 2日

■相談者 :山形市民スポーツフェスタ実行委員会
■デザイン:小関優季乃(ビジュアルデザイン科2年)

春から取り組んで来た「第11回 山形市民スポーツフェスタ」ポスターデザインの採用作が決定しました。

2018年7月3日、山形市総合スポーツセンター大会議室にてポスター選考会が行われ、最終選考に残った3名のうち、小関優季乃の採用が決まりました。

大勢に向け、作品説明と込めた思いを伝えました

審査員に3作品を間近でご覧いただき、投票いただきました

採用が決まった小関優季乃のポスターデザイン

あたたかみを感じる毛筆のタイトル、親しみやすい色使いと形により気軽に参加できそうと思わせるデザインです。

2018年のスポーツフェスタは10月14日(日)の開催です。様々な世代、性別の方が楽しめるイベントです。ぜひお越しください!