カテゴリー
学校イベント・活動

海外研修旅行

凱旋門/パリにて
凱旋門/パリにて

日時:2007年11月28日〜12月5日
行き先:フランス(パリ)・オーストリア(ウィーン)

晩秋のヨーロッパを巡る今回の海外研修旅行には1年生4名と2年生9名が参加し、ルーブル美術館・オルセー美術館・美術史博物館等では至近距離で本物の作品を鑑賞しました。歴史ある町並みや建造物、地下鉄や路面電車を使った移動、スーパーでの買い物、本場のクリスマスマーケットのそぞろ歩き等、異文化の一端に直接触れた事はとても良い刺激となり、心の引き出しを増やす一助となりました。

カテゴリー
デザイン(採用・受賞・協力)

2008年果樹王国ひがしねオリジナル年賀はがきコンテスト

表彰式にて
表彰式にて

東根市の年賀はがきコンテストにおいて当校ビジュアルデザイン科学生が応募し、2年生の鈴木翔子(上山明新館高卒)が最優秀賞を受賞、実際の年賀はがきとして販売されました。また優秀賞に大山樹里(新庄南高卒)、清野成美(上山明新館高卒)が選ばれ、2007年10月31日に表彰されました。他佐竹勇也(北村山高卒)、鈴木はるか(寒河江高卒)の作品もホームページで配信されました。

カテゴリー
学校イベント・活動

当校改称30周年記念の記念碑が建立

山形デザイン専門学校記念碑 
山形デザイン専門学校記念碑

本校、学校法人山形デザイン専門学校は1976年に旧山形デザイナー学院から改称し2006年に30周年を迎えました。この新たなスタートとなる2007年に、本校創立者である故加藤繁雄前理事長、故加藤隆巳前校長の偉業と功績を讃え後世に伝え継ぐために記念碑を建立しようと有志が計画し実現されました。

同年10月21日(故加藤隆巳前校長ご命日)にその記念碑の除幕式が行われ、加藤静子学校長らが除幕しお披露目されました。また当日は記念碑をデザインした卒業生の山澤健一さん[(有)オカダデザイン勤務・平成12年度卒]に表彰状が贈られました。

記念碑は円錐形で、タイルとブロンズで製作されました。未来への飛翔を願いタカの像を取り付け、プレートには“山形から世界へデザインをーDesign , from Yamagata to the World”の文字が刻まれています。これは故加藤隆巳前校長がデザインを学ぶ若人たちへ伝え続けたメッセージです。記念碑が建立され、この志を継承しようとする想いがより一層強いものとなりました。 

カテゴリー
デザイン(採用・受賞・協力)

手作り和雑貨「呉服のささき」日よけ幕制作

天童市の「呉服のささき」さんより店頭に設置する日よけ幕の制作依頼を受け、ビジュアルデザイン科2年の鈴木翔子(上山明新館高卒)、渡邉歩依(上山明新館高卒)が、原画にアレンジを加えてより魅力的にデザイン・制作しました。従来より店のイメージが伝わりやすいと、誘客に貢献したようです。

制作時
制作時
店頭にて
店頭にて
カテゴリー
デザイン(採用・受賞・協力)

魅力ある鼠ヶ関活性化プランの提案

プレゼンテーションの様子
プレゼンテーションの様子

鶴岡市温海庁舎政策企画室より「鼠ヶ関」を活性化してほしいという依頼があり、環境デザイン科1・2年でプロジェクトチームを組み、大きくわけて4つの案(環境整備、商業施設、誘客イベント、広報グッズ)を提案しました。実際に現地でプレゼンテーションを行い、若い感性に基づいた斬新なアイデアで聴講者を唸らせました。後日、町長より感謝状が授与されました。

カテゴリー
先生方のデザイン・活躍

大野目交差点改良事業アドバイザー

香川浩先生(都市デザイン/建築意匠担当)

国道13号線と山寺街道の交差点を立体化するにあたり、PI方式(Public Involvement、パブリック・インボルブメント)という方式でデザインがすすめられています。これは、事業の過程で地域住民・利用者に情報を公開し、広く意見を募りながら計画に生かす手法で、道路としての機能だけでなく、生活の背景となる環境づくりを目指すものです。橋梁部のほか、擁壁、地下道、歩道のファニチャーなどを総合的にデザインしています。香川先生は第3者機関で構成する「改良検討委員」として公平・中立な立場で客観的に助言等しています。